気になるほくろ除去しませんか?

コンプレックスを専門医院で改善|ほくろ除去治療の種類を紹介

コンプレックスの解消方法

看護師

形状に合わせた手術を

ほくろは、皮膚のある一部にメラニサイトと呼ばれる細胞が集まって黒く見える状態のものを指します。顔や腕、足、背中などあらゆるところに出来、誰しもがもっている皮膚の特徴のひとつです。基本的に害はありませんが、美容面からほくろを除去したいと考える人も少なくありません。特に女性ですと、鼻の頭やおでこなどの目立つところにあるほくろは、コンプレックスの一つとなってしまうこともあります。そのような人のために、美容整形外科や皮膚科では、ほくろ除去の手術を行っています。ほくろ除去の手術方法は、まずはカウンセリングを受けるところから始まります。医師の診断のもと、気になるほくろの位置や大きさ、形状などを調べていきます。それによって、最適な手術方法を決定していきます。比較的位置が目立つところにあり、そして色が薄く小さい場合には、炭酸ガスレーザーというものを使って除去するのが一般的な方法です。炭酸ガスレーザーは、特殊なレーザーを照射することで皮膚組織を壊し、黒い部分を綺麗に取り除くことが出来るという方法です。レーザーを照射するだけなので、痛みはなく、麻酔などをする必要もありませんのでとても簡単に出来ますまた、費用も安く、術後に傷跡が目立つようなこともありません。特に小さいものだと、もともとあった位置が分からなくなるほどに綺麗になるので、人気の方法でもあります。また、位置が目立たないところにある、比較的大きい、というものに対しては、電気メスを使った方法がとられることもあります。電気メスは、ほくろを物理的に特殊なメスで取り除くという方法です。直接皮膚にメスを入れるため、麻酔をかけて手術を行う必要があります。術中の痛みはありませんが、術後に痛みや腫れが起こる場合がありますので、鎮静剤の使用や冷やすなどの対処が必要になります。電気メスを使った方法では、確実に除去が出来るというメリットがあります。物理的に黒い部分をとってしまうので、再発の心配もなく綺麗な肌にすることが出来ます。このようにほくろの形状に合わせた除去手術を行うということが重要となります。

跡を残さない治療

ドクター

ほくろ除去は、医療を目的とした普通の皮膚科の他にも美容を目的とした美容皮膚科でも施術を受ける事が可能です。除去したいほくろが保険適用されるようなほくろでない事もあり、美容皮膚科での除去を希望する方も多くいます。

痛いけど痛くない

カウンセリング

顔に大きなほくろがある場合、 これをコンプレックスに感じている人は非常に多いです。そこで、美容整形クリニックなどで除去することを強くお勧めします。痛みはあるものの、我慢できるレベルなので、是非、医師に相談してみましょう。

クリニックによって異なる

顔を触る人

ほくろ除去は美容皮膚科や美容整形外科で行うため、クリニックをよく比較検討してみましょう。当然、クリニックによって施術法や費用は異なります。よく行われる方法としてはレーザー照射で、ほくろ一つにつき5000円以上が相場です。

気になるほくろを除去

鏡を見る人

自分も周りも気になるほくろを除去しませんか。切除や炭酸ガスレーザーで綺麗に取り除いてもらいましょう。皮膚科や美容外科で施術できます。ほくろがなくなれば気にならなくなるので、早く施術すればよかったと思うかもしれません。

ほくろ除去をするには

ナース

ほくろは皮膚の表面にある黒い色素のことであり、場所によってはワンポイントの存在になります。しかし、場所によっては美観を損ねる原因になり、このためほくろ除去をする人も多くいます。