女の人

コンプレックスを専門医院で改善|ほくろ除去治療の種類を紹介

  1. ホーム
  2. 痛いけど痛くない

痛いけど痛くない

カウンセリング

心の痛みに比べれば

ほくろをコンプレックスに感じている人は多くいます。特に顔に大きなほくろがある場合は、自分の顔に自信を持つことができずに、ついつい下を向いてしまうことに。その結果、毎日が辛く億劫なものになってしまうこともよくある話です。そこでお伝えしたいのがほくろの除去です。整形手術でも、代表的な治療であり、コンプレックス解消の大きな役割を担っています。そんなほくろの除去に対して、様々な疑問を持っている人も多いことでしょう。やはり、顔に対して何かしらの外科治療を行うため、跡が残ってしまわないか、痛くないか、値段はいくらぐらいするのか、このような疑問が多く頭をよぎります。まず伝えておきたいのは、ほくろの除去によって跡が残ってしまうことは、そうそうあるものではありません。昨今の除去技術は素晴らしいものがあり、本当に綺麗に除去することができます。ほくろには、様々なタイプのものがありますが、どのようなタイプでも綺麗に除去することができるため安心してください。次に気になる痛みに関して。痛いか痛くないかと問われた場合、正直なところ、痛いと答えることになります。いくら簡単な手術であっても、体に対して何かしらの傷をつけるわけですから痛いに決まっているというのが結論です。しかし、しっかりと麻酔をしてくれるため、ある程度の痛みを和らげることが可能です。これでも痛みに対してのイメージが持ちにくいかと。平たく言ってしまえば、痛いですが我慢できないほどの痛みではないということです。ほくろの場所によっては、痛い部位、痛くない部位も当然あります。例えば、目のきわにある場合。想像しただけでも痛みが伝わってきそうと感じた人もいるいらっしゃるかと。こちらも痛いと言わざるを得ませんが、10分程度で除去することが可能なので、我慢できるレベルの痛みと言えます。長い間、コンプレックスに感じてきた、心の痛みと比べれば天と地との下がるほどと言えます。ともあれ、悩んでいる人は美容整形クリニックなどに足を運び相談してみることをお勧めします。