女の人

コンプレックスを専門医院で改善|ほくろ除去治療の種類を紹介

  1. ホーム
  2. ほくろ除去をするには

ほくろ除去をするには

ナース

ほくろとほくろ除去の方法

ほくろは皮膚の表面にあるメラニン色素を含む細胞のことで、日焼けなどによって起こるシミと同じですが、生まれながらにして存在するものと年齢を重ねると現れるものがあります。またほくろはシミよりもメラニン色素が濃く集まっているので、少し膨れているものが多くみられ大きさも気にならないぐらいに小さなものから非常に目立つ大きなものまでさまざまです。ほくろそのものは体に与える影響はほとんどなく見た目だけの問題ですが、一部にはメラノーマと呼ばれる死亡率の高い悪性腫瘍になる場合があり、このためほくろが急に増えたり急に大きくような場合などは注意が必要です。一方で、ほくろそのものはメラニン色素が皮膚細胞の表面に多く集まっただけの状態であるため、ほくろ除去を行うことは簡単に行えますが、ほくろ除去の方法としてはレーザー切除と手術による切除があります。レーザーはシミなどと同じくレーザーを照射してメラニン色素を破壊し体内してしまう方法で、メリットは切開をしないため術後のダウンタイムが短いことで、また入院する必要もありません。特に小さなほくろ除去においては一度でほくろ除去が可能なこともあり手軽に行える方法ですし、クリニックによっては保険診療が可能なところもありますが、ほくろ除去そのものは美容を目的としたものとみなされることが多いため多くの場合には全額自己負担です。手術による切除というのはほくろのある皮膚をまるごと取り除いてしまう方法で、メリットとしては完全に取り除くので完全に消すことができます。レーザーによる除去では状態によっては何度か照射する必要がありますが、手術による方法では一度で済みます。ただ縫合しなければなりませんから、何度か消毒するために通院する必要があります。レーザーのない時代ではこの方法が一般的でしたが、現在では大きなほくろ除去などで行われています。ほくろ除去そのものは皮膚科の範疇になり多くは美容を目的とするために費用が全額自己負担となることがほとんどですが、痛みなどを感じるといった場合には健康保険が使える場合もあります。